マツエクについて興味を持ってくると、グルーという言葉を聞くようになります。

グルーって一体なんなの?グルーでクレームってあるの?という事について説明していきましょう。

グルーとは、まつげ用の瞬間接着剤の事です

グルーとは、瞬間接着剤の事です。

瞬間接着剤と聞くと、物をくっつけるものを想像しますよね。

そうです。

グルーとは、まつげに使う瞬間接着剤なのです。

「そんなものを目につけて大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、そこはあまり心配がありません。

きちんとしたサロンならば、グルーはそれなりにしっかりとした品質のものを使用しています。

そのため、接着剤だからという理由でグルーを嫌がる事はありません。

グルーをつけると痒くなる?

グルーはまつげに使っても大丈夫ではありますが、グルーに関してのクレームはあります。

それは、目がかゆくなったり痛くなったりというクレームです。

なぜこんな事がありえるのかというと、グルーを塗った時にそこからアレルギーとなる物質が気化して発生するからです。

グルー自体に問題はありませんが、塗った場所から気化したものが目に入り、アレルギー反応を起こす場合があります。

そのため、それが理由で体内にアレルギー反応が発生し、かゆみや痛みになったというクレームはあります。

全ての人にアレルギーが起こるわけではありませんが、アレルギー体質や肌が弱い人はもしかしたら目が痒くなったり痛くなったりする場合があります。

心配ならば、スタッフさんに相談を

では、アレルギー体質や肌が弱かった場合はマツエクができないのでしょうか。

いいえ。

そんな事はありません。

マツエクをする事はできます。

その時は、スタッフさんにアレルギーに体質であるとか、肌が敏感というのを伝えましょう。

エクステは、まつげの根本から1ミリ離れた場所にやるのが普通ですが、アレルギーが心配ならばもう少し離れた場所にマツエクをやり、目を少しでも保護する事ができます。

また、「施術中に気分が悪くなったらすぐに教えてくださいね。

」と声をかけて、スタッフさんが様子を見ながらマツエクを進めてくれるはずです。

それでも痒くなったり、トラブルがあったら

もし気をつけていてもトラブルがあり、目に異常があった場合は速やかに皮膚科へ受診しましょう。

少しでも目に違和感があれば、コンタクトレンズをしている人は外します。

そして目を洗い、痒い部分は触らないようにしましょう。

コンタクトレンズは目に異常があった時につけていると失明する恐れがあります。

また、痒い部分を掻いてしまうと、手で触ったところから雑菌が繁殖して余計に痒みやトラブルが酷くなる場合があります。

こういったアレルギーや痒みは、きちんとしたグルーを使っているならば問題ない場合が多いです。

しかし破格の値段でマツエクをやっている業者の場合は、質が悪いグルーを使っている場合もあります。

マツエクを選ぶならば、どんなグルーをそのマツエク南城市が使っているのか調べてから契約しましょう。