夏になるとノースリーブや水着を着たりすることがあり、普段はあまり見られることのない脇の下も露出の機会が多くなりますよね。

多くの女性達はそんな夏に向けて脱毛などのケアに取り組んでいることと思いますが、実はそのケアが原因で脇が黒ずんでしまい悩んでいる女性が少なくないです。

腕を上げた時に脇が黒くなっていると嫌でも目に入ってしまいますし、そんな状態でみんなとの写真に写ってしまった時には泣きたくなりますよね。

そこで、脇の黒ずみはどうして生まれてしまうのか、どんな対処法と治し方があるのか、調べてみました。

脇の黒ずみの原因って何!?

脇の黒ずみはメラニン色素の沈着によって起こります。

メラニン色素はシミやほくろの原因としてもよく聞く単語ですね。

では、どうしてメラニン色素が沈着してしまうのかと言うと、服の擦れや肌と肌の接触による摩擦、そしてカミソリ等を使用する脱毛時に肌を刺激したり傷つけてしまうことによるものが原因と言われています。

刺激を与えられた皮膚は防御反応によりこういった現象を起こします。

例えば、火傷をしたり過度に擦れたりした手や足の皮膚が部分的に分厚くなったりしますよね。

それと同様に繰り返し同じ場所に刺激が与え続けられることでその部位の角質が厚くなり、そこだけ黒ずんで見えてしまうのです。

特に脇という場所は擦れやすく、汗もかきやすいせいでタオルでごしごしと拭いてしまったり、先ほどご紹介した通りムダ毛処理で傷をつけてしまう時が多いので、知らず知らずのうちに脇の黒ずみができてしまいやすいです。

脇の黒ずみをなくす方法は!?

では、一度できてしまった脇の黒ずみは一生そのままなのか?というと、そうではありません。

極力刺激を与えないように心がけ、清潔を保っていれば、綺麗な脇を取り戻すことが出来ます。

ご存じの通り、肌にはターンオーバーという周期があり、それにより古い肌が取れ、新しい綺麗な肌が再生されます。

そのターンオーバーを促進させる為に、ビタミンEを意識して摂取するようにしましょう。

ビタミンEは主にナッツ類、レバー、たらこなどに含まれます。

これらを摂取することで血行が良くなり新陳代謝が上がります。

そして、ムダ毛処理の際には細心の注意を払って肌をなるべく傷つけないようにしましょう。

頻繁に手入れをしている人は、エステなどでレーザー脱毛をするのもおすすめです。

自分では見えにくい脇の下は、カミソリを使った処理では傷つけてしまう場合が多いです。

そして、汗をかいた時はごしごしと乱暴に拭くのではなく、ポンポンと優しく汗を吸い取るようなイメージでタオルを当てるのが良いです。

露出の多いこの季節、綺麗な脇を取り戻して、夏をエンジョイしましょう!